下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!損!

トヨタの大人気SUV車種であるハリアー。

実際に購入を検討した際に気になるのが購入費用と維持費です。

今回はハリアー購入と維持にかかる費用についてご紹介いたします。

スポンサードリンク

ハリアーはその価格設定が非常にリーズナブルな値段です

 

引用:https://toyota.jp/harrier/grade/tur_progress/?padid=ag341_from_harrier_top_grade_tur_progress_thumb02

ハリアーは初代が登場した当初は新たな可能性を持ったSUVで、高い人気を誇っていましたが、同時に海外ではレクサスの1車種で販売されていた経緯があり、日本にレクサスブランドが設立されてからレクサスの1車種として統合され姿を消していました、しかし最近このレクサスとは異なるモデルで日本市場に再デビューを果たしており、そのイメージは従来の人気の高いハリアーのものを踏襲した形となっていることから高い人気を誇っています。

人気の1つの要因としてその価格設定があります。

非常に豪華な装備を備えたSUVとして登場した初代は当時の価格水準からすると比較的高価なものとなっていましたが、レクサスに移行してからはさらにそのブランドイメージもあり高額でなかなか手の届かないものとなってしまった面がありました。

また海外仕様に設計されたボディは日本の国内で利用するには少し大型のイメージがあり、従来のハリアーとは大きく異なるものとなっていたのです。

今回の新型ハリアーの人気の1つの大きな理由は、レクサスに移行してから高額となっていた価格設定を日本国内の比較的購入しやすい値段に戻し、従来のモデルからすると非常にリーズナブルな設定となっている点にもあります。

また日本市場で人気を博した従来モデルの良いところを取り入れながらハイブリッドの採用やその他の走行性能の向上なども充実したものとなっており、コストパフォーマンスの優れた車種となっている点が大きな魅力となっています。

これまでSUVは価格が高くなかなか手が出ないと言う人も少なくありませんでした。

新型ハリアーも決して安い価格ではありませんが、これまで価格が上昇傾向であったSUVの中でも比較的値段を低く設定している点がポイントで、取り回しのしやすいボディーサイズに抑えながら高級SUVの雰囲気を味わうことができる車種として非常に人気が高くなっているのも特徴です。

従来のハリアーのような走行感覚を味わいながら比較的安い値段で購入することができる車種となり発売後も好調な売れ行きを示しています。

スポンサードリンク

ハリアーを維持するのに必要な費用は?

ラグジュアリーSUVとして多くの若者から高い人気を集めている「ハリアー」が欲しいと思っている方は多いのではないでしょうか。

特にSUVにラグジュアリーで魅力的な内装と装備を加えてプレミアムカーとしての確かな地位を築いている点から新入社員の方が初めてのボーナスで欲しがる商品としての定番とも言われているので気になっている方も多いかもしれません。

そんな「ハリアー」を購入するにあたりその購入額を気にしないという方はいないと思います。

一方で車を自分でもつということは毎年費用を支払わなければなりません。

購入前には毎年車を維持するために必要な費用がどのくらいかかるか把握し無理のない支出になっているかを確認することが重要です。

ハリアーを乗るにあたり維持するのに必要になってくる費用は当然どのように車を使うか、どのくらい使うかによって変わってくるので一概に答えを提示することはできません。

ただしざっくりとおおよその額を把握しておくことは可能です。

一般的な感覚としてはガソリン代は年間で10万円前後、月に1万円弱となる場合が多いでしょう。

また、それに加えて自動車保険などへの加入費用が3から10万円かかります。

更に、義務となってくる車検費用は5から10万円、自動車税で5から8万円必要です。

なお、点検結果によっては当然オイルやタイル交換などの出費がかかってくる場合もあります。更にはご自宅の環境によっては駐車場代が1から5万円かかる場合もあるでしょう。

当然車の投球により車税も違い住んでいる土地によって駐車場代の値段は大きく違い加入する車検のプランにより値段も人により差が大きくでますがおおよそ想定が必要な額は1年間で「50万円ほど」と考えると良いでしょうしあくまでこの額は参考と言えます。

それに加えて新型ハリアー本体でもおよそ450万円の出費がかさむので購入時には相当慎重に無理のない計画のもと購入に踏み切るのがおすすめです。

スポンサードリンク

ハリアーの人気グレードについて

引用:https://toyota.jp/harrier/interior/?padid=ag341_from_harrier_top_interior

現代の自動車業界はSUV全盛の時代となっており、特に都市型SUVと呼ばれるスタイリッシュでありながら広い室内空間を確保した車種は高い人気を博しています。

その都市型SUVの先駆け的な存在がトヨタ自動車が製造、販売しているハリアーなのです。

ハリアーは現行モデルで三代目となります。

先代までは、海外でレクサスとして販売されていたため、ラグジュアリー路線となっているのです。

上品でありながら、どこかアグレッシブさも漂わせる外観デザインと、高級感のあるインテリアが特徴的な自動車です。

そのため、ハリアーの購入を検討している人たちは、ハリアーに対して高級感を求める人が多いのです。

ハリアーには三種類のパワートレインと、様々なグレードが用意されています。

パワートレインは2リッター自然吸気エンジンと2リッターターボエンジン、そして2.5リッターハイブリッドです。

注目されているのは、後発で登場した2リッターターボエンジンです。

全てのグレードの中で最も力強い走りが出来るパワートレインとして、高い人気を獲得しています。

引用:https://toyota.jp/harrier/

その2リッターターボエンジンの中でも高級感を高めたプレミアムメタルアンドレザーパッケージが高い人気を獲得しています。

レザーとメタルが上品にあしらわれた上質なインテリアとなっているため、高級感が最も高いグレードとなっているのです。

まさにハリアーを代表するグレードと言えるでしょう。

その他にも、燃費を重視する人にとっては2.5リッターハイブリッドも選択肢に入ります。

2.5リッターハイブリッドも、人気のグレードはプレミアムメタルアンドレザーパッケージとなります。

これらの傾向から、ハリアーは高級車であるという認識を持った人が多いことが分かります。

高級な自動車に乗るのであれば、上質なインテリアに包まれたいという人が多いのです。そのため、全てのパワートレインにおいてプレミアムメタルアンドレザーパッケージが人気の高いグレードとなります。

ハリアーのおすすめグレードについて

引用:https://toyota.jp/harrier/?padid=ag341_from_harrier_navi_top

ハリアーは、トヨタ自動車が製造、販売している都市型SUVです。

現代の自動車業界はSUVが全盛の時代となり、特にスタイリッシュで広い室内空間が設けられた都市型SUVは高い人気を博しているのです。その先駆的な存在として位置付けられているのがハリアーです。

ハリアーは現行モデルで三代目となります。

先代までは、海外でレクサスRXとして販売されていましたので、ラグジュアリー路線となっているのです。

上品でありながらアグレッシブさを併せ持つ外観デザインと、ラグジュアリーなインテリアで上質なドライビングを約束するハリアーのおすすめグレードは、2リッターターボエンジンを搭載したプレミアムメタルアンドレザーパッケージです。

2リッターターボエンジンは、現行モデルとなってから後発で登場しました。

ターボエンジンによる力強いトルクでスポーティーな走りを実現したパワートレインであり、多くの注目を集めているのです。

そのアグレッシブな走りを実現した2リッターターボエンジンに、レザーとメタルが上質にあしらわれた高級感のある室内空間となっているプレミアムメタルアンドレザーパッケージがおすすめと言えます。

引用:https://toyota.jp/harrier/interior/?padid=ag341_from_harrier_top_interior

その理由としましては、ハリアーを購入の選択肢に入れている人の多くは、ハリアーに対して高級車というイメージを抱いている人が多いため、最も上質なインテリアとなっているプレミアムメタルアンドレザーパッケージが満足度が高いからです。

パワートレインは注目の2リッターターボエンジンを選択するも良し、燃費を重視するならば2.5リッターハイブリッドを選択するのも良いでしょう。

このように、ハリアーは高級感があって、かつアグレッシブな大人のSUVという位置付けなため、おすすめのグレードは2リッターターボエンジンもしくは2.5リッターハイブリッドどちらのパワートレインにしても、プレミアムメタルアンドレザーパッケージということになります。

ハリアーが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは面倒…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!損!

 

スポンサードリンク