下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!損!

トヨタの大人気SUVのハリアー。

実際の内寸を知って荷物がどれくらい入るのか?が分かります。

さらに購入時に選ぶ事ができる内装色で室内の雰囲気を演出できます。

今回は内寸と内装色についてご紹介します。

スポンサードリンク

ハリアーの内寸は広くて使いやすい

引用:https://toyota.jp/harrier/interior/?padid=ag341_from_harrier_top_interior

車は走るため以外にも普段の生活での移動手段の目的によっても選びたい種類が違ってきます。

特にたくさんの荷物をのせて運びたいときは荷室が広い方が便利で使いやすいです。

ハリアーはオーナー層が幅広いので様々な用途に使う事が可能で、アウトドア志向だと釣り道具やキャンプ用品など、家族が多い時には買い物に行ったときの商品もたくさん乗せることが出来ます。

長いドライブや旅行などでも広い方が活用しやすいです。

ハリアーの荷室の内寸は荷室長が約1,000mmで幅は約1,130mm、高さが約765mmです。

長くて幅広く奥深いので利便性が高く、床下収納のスペースも確保されているので様々なアイテムを入れることが出来ます。

後部座席を収納して荷室のスペースの拡大も可能です。

この場合は、長さが1,900mmで幅が約1,130mm、高さは約765mmまで伸ばせます。

後部座席の収納させたり6対4という分割収納が出来るように、全ての後部座席を使う必要はなく3人から4人の同乗者がいる時はこの分割収納が便利です。

引用:https://toyota.jp/harrier/interior/comfort/?padid=ag341_from_harrier_in_comfort05

家族旅行やスキーなどはこの方法だと利用しやすく、長いスキー板などを載せてゲレンデにそのまま出発することが出来るので冬山でのスポーツを楽しみたい方にもおすすめです。

分割することが出来る利用方法は様々な場面で活用することが期待出来るのでハリアー自体の乗り方もさらに広がります。

通常の荷室でも機能性に優れていてかなりフラットな状態で、ゴルフバックだと4つも楽々と積めます。

余裕があるのでゴルフを楽しんでからそれ以外の荷物が乗らなくなるという心配もないです。

普通のスペースでたくさんの積載量が確保されているので家族旅行にも適していて、特に実家に帰省するときは向かう時よりも帰りの方が心配です。

田舎からお土産などをもらうと通常の車だとのせるところがなくなったりしますが、ハリアーなら無理なく積み込むことが可能で座席に置いてしまうこともありません。

スポンサードリンク

ハリアーのハイセンスな内装色

引用:https://toyota.jp/harrier/interior/?padid=ag341_from_harrier_top_interior

トヨタ自動車の高級クロスオーバーSUVの先駆けでもあるハリアーは、洗練された美しさとスタイリッシュかつ艶めくボディを兼ね備えており、プレミア感満載の高級感あふれるハイセンスさが特徴的な自動車です。

それゆえに高い人気も誇っており、現在までシリーズ化していることはもちろん、海外メーカーからも追従モデルが量産されるほどに注目度も高いデザインとなっています。

そんなハリアーですが、外観の見た目だけが美しいのではなく、その高品質かつ優れたデザインは、内装も同様の仕様となっています。

そこで内装色については、ブラックベースの場合はアクセントとしてレッドのステッチが至る所に施されており、スポーティーかつクールな仕上がりになっています。

しかしこれがディープボルドーがメインの配色になると、いっきに内装の雰囲気も変化し、シックで落ち着いた雰囲気となります。

そしてブラウンキャメルに近いダークサドルタンのカラーになると、ブラックやディープボルドーよりも明るい雰囲気となります。

この三つのカラーはそれらのどれもが基本的にシートからドアトリム、インパネなどとのバランスも見事にマッチしており、絶妙かつ秀逸なカラーバランスなため、高級感ある内装となっています。

もちろんこれらの三つのカラーから、個人の好みで内装を選ぶことができるので、そこも嬉しいポイントの一つとなっています。

ちなみにこの内装カラーとの合わせとして、シート表皮カラーについても選ぶことが可能です。

引用:https://toyota.jp/harrier/interior/?padid=ag341_from_harrier_top_interior

シート表皮カラーに関しては、ブラックに赤いステッチが入ったプレミアムナッパ本革やウルトラスエードと合成皮革の組み合わせの表皮カラーがあり、他にもブラックのみの場合も、プレミアムナッパ本革だけでなくファブリックと合成皮革の組み合わせもありますし、ダークサドルタンも同様にプレミアムナッパ本革とともにファブリックと合成皮革の組み合わせの二種類が存在しています。

またインパネもやはりブラックとレッド、ブラックのみやボルドー、ダークサドルタンといったカラーがあるので、内装色とこれらのインテリアのカラーを合わせれば、より統一感のある美しい内装となります。

スポンサードリンク

ハリアーのオプションでの内装改造

引用:https://toyota.jp/harrier/interior/?padid=ag341_from_harrier_top_interior

ハリアーの内装は何もしていない標準設定では、ブラックを基調としたカラーリングが施されています。

それを購入時に設定を加えることによってシートカラーをダークサドルタンに、インテリアをワイン調のディープボルドーあるいはシートと同じようなダークサドルタンへ変更可能です。

またシートの色を変えることはシートカバーでも可能で、ポリ塩化ビニルのアイボリーになります。

色を変えずに保護だけしたい場合は、ブラックの選択肢もあります。

そしてシフトレバーを黒の木目調に変えることが可能です。

木目部分は滑らかな表面をしていますが、指が当たる前面はグリップ力が高い素材になっているので機能面が損なわれることもありません。

ハリアーにオプションで付けられるイルミネーションの内装改造は2種類です。

ひとつはフロント部のスカッフイルミネーションで、ドアを開けるとゆっくりと「HARRIER」のロゴが青く点灯します。

センターコンソールに付けられるイルミネーションはエンジンの始動と連動し、小物入れを上部から照らします。

また小物入れ内部にもライトが設置してあり、開けた蓋によって光が遮られて中が見えなくなるということもありません。

ハリアーの室内を照らすためには、あらかじめ日よけの奥のバニティランプやドアカーテシランプが設置されています。

引用:https://toyota.jp/harrier/interior/comfort/?padid=ag341_from_harrier_in_comfort04#

それを高輝度LEDに変更して、室内をより明るく照らせるようにすることが可能です。

このオプションは合わせて4灯の交換ですがその中のバニティランプには暖色系が使用されています。

他の車種と比較すると内装改造できる範囲が少ないように感じられるかもしれませんが、それはあらかじめハリアーに搭載されている装備が充実していることを意味します。

またMetal and Leatherパッケージであれば、フロントシートがマニュアルではなく電動になったり、寒い時に温まる使用がまとめて追加されます。

それは機能面だけでなく、シフトパネルなどのインテリアも対象です。

ハリアーの人気の内装カラーとは

引用:https://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_top_exterior

高級クロスオーバーSUVのカテゴリーを確立させた先駆車であり、高級セダンの乗り心地と快適性を追求したハリアーは、トヨタ自動車の中でも高い知名度を誇っており、日本国内だけでなく海外メーカーにもその影響を齎したこともある人気の自動車となっています。

そこでハリアーの人気の理由としては、やはりそのハイセンスな見た目とそれに適した高級感あふれる内装が魅力的なところにあります。

とくにそれを実感させてくれるのが内装カラーで、基本的なカラーとしては、ブラックとブラックにレッドのステッチが含まれているカラー、ディープボルドーとブラウン系のダークサドルタンの合計四色のカラーとなっています。

これらのカラーはそれぞれが独特の雰囲気を演出することが可能なため、どのカラーも根強い人気となっています。

そんな内装カラーの詳細としては、まずはシンプルかつクールな雰囲気が魅力的なブラックは、おもに男性陣からの注目が多く集まる傾向にあり、飾らない雰囲気が逆に魅力的でもあるデザインカラーです。

そんなブラックに、赤いステッチを施したことで遊び心も演出しているのがブラックとレッドステッチです。

こちらはスポーティーな雰囲気を演出できるため、おもに若い男性たちから熱い視線を向けられる傾向にあり、ブラックとレッドの組み合わせは、基本的にスポーツカーやハイパワー車に定番の組み合わせでもあるので、定番カラーと呼ばれることもあります。

引用:https://toyota.jp/harrier/interior/?padid=ag341_from_harrier_top_interior

一方、シートのカラーはブラックのままですが、一部がボルドーになっているのがディープボルドーで、こちらはシックで落ち着いた雰囲気の中にも、おしゃれかつハイセンスなアクセントがあるため、女性からの支持が集まりやすいカラーです。

あとの残りの一つのカラーであるダークサドルタンは、明るめのキャメルに近いブラウンカラーであり、まるで高級家具にありそうなカラーであるとともにブラックほど重すぎず、明るくて軽めに見えるところも魅力的です。

それゆえに大人の女性からの人気があるカラーとなっています。

このようにハリアーの内装カラーは四色それぞれに支持が集まっており、どれもが人気のデザインです。

 

ハリアーが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは面倒…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!損!

 

スポンサードリンク