下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!損!

車を購入する時の大事なポイントの一つが「車体」の大きさです。

トヨタハリアーは、全体の車種と比較しても大きめの車体で知られていますが、そのサイズ感はどのくらいなのでしょうか?

この記事では、そんなハリアーの車体の大きさについて、他メーカーの車種や、初代からのハリアーと比較しながら紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

ハリアーの購入前に確認しておきたい大きさ

ハリアーは全長4725mmと大きく、横から見た時に存在感が現れます。

これはレクサスにも匹敵する大きさで、NXとの比較では65mmも上回ります。

全幅は逆に10mm減の1835mmなので、横幅においてはやや控えめです。

しかし、元々同じプラットフォームを採用していますから、極端なサイズの差は出ないといえます。

その証拠に、ホイールベースは同じ2666mmですし、最小回転半径も5.7mと全く同一です。

レクサスNXとの比較で、ハリアーの大きさが顕著に表れるのは4700mm台の全長です。

全高も1690mmとレクサスNXを上回りますが、全長ほどではなく45mm程度の増加に留まります。

つまり、同一のプラットフォームにおける大きさの比較では、殆ど差が出ないといえるでしょう。

違いの差はボディサイズによるので、もっと詳しく大きさを確認したいのであれば、同系統の歴代ハリアー同士か、異なるメーカー間で比較する必要があります。

引用:https://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_navi_exterior

初代ハリアーは全長4575mm、全幅1815mmで全高は1665mmと、最新のハリアーと比較を行えば全体的に小さめです。

見るからに大きさが増したのは2代目からで、それぞれ4735mm・1845mm・1680mmと現行車に近づいています。

2代目は海外だとレクサスRXの名で販売されていますから、レクサス側の影響を受けた変更だと思われます。

3代目も2代目と同様に大きめで、2013年の販売開始から現在までマイナーチェンジを繰り返しています。

初代からの大幅な変化と、2代目3代目の変化量の少なさを考慮すると、トヨタは現行車の寸法をハリアーの標準的なサイズと考えている可能性が大です。

今後のサイズダウンには期待できませんから、購入を検討するならば、現行モデルの大きさをチェックして納得することが不可欠です。

ボディサイズが大きい分、収納スペースは余裕がありますし、低重心かつ安定性も備わるので、乗り心地と使い勝手の評価は全体的に高めです。
ただドアの大きさや厚みという意外な問題が潜むので、ハリアーは駐車時の開閉に気を付けることが大切です。

スポンサードリンク

気になるハリアーのサイズ感は

トヨタの人気車種ハリアーの気になるサイズ感ですが、実寸は全長472cm横幅183.5cm高さ169cmとなっています。

これは、全体車種で比べると大きめの車体と言え、もちろんコンパクトカーのフィットなどと比べると全てにおいて大きいのですが、特別大きすぎるというサイズ感ではありません。

ライバル車のマツダのCX-5や日産のエクストレイル、スバルのフォレスターと比べると概ね同じくらいの大きさと言えますが、ハリアーの方が、全長が長くて高さが低い傾向があります。

ハリアーには低く見せる車高と伸びやかなフロントマスクのデザインが採用されているため、ハリアーらしいデザインが大きさにも表れているようです。

また、ハリアーのラゲッジスペースは98cmと、比較的奥行きが長く設計されているため全長が少し長くなっています。

引用:https://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_navi_exterior

また、ハリアーはボンネットから先が長いため大きさに慣れるまでには注意が必要です。

思ったよりも先が飛び出し過ぎてしまったということがないように、ゆっくりと先端を確認して運転しましょう。

しかしながら、1ヶ月も運転すれば、感覚に慣れることができるので特段問題はないはずです。

ただし、現在コンパクトカーに乗っている方は、いきなりハリアーへ乗り換えるとサイズ感の違いから戸惑ってしまう可能性もありますので、購入を検討されている方は是非一度ディーラーへ行って試乗してみることをおすすめします。

また、横幅の183.5cmにはサイドミラーの長さは含まれていないため、車庫入れをする際はミラーを折りたたんでもこのサイズには収まりません。

更に横幅が183cm以下という制限の立体駐車場も多いので、マンションなどで立体駐車場を利用する予定の方は事前に確認しておいた方がいいでしょう。

ハリアーは決して小回りの利くタイプの車種ではありませんが、アイポイントが高いという特徴があり見晴らしが良いため、慣れれば運転もしやすく、おすすめの車種ですよ。

スポンサードリンク

サイズ比較の面から見たハリアー

引用:https://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_navi_exterior

車を購入する際に選ぶポイントは人それぞれで色々ありますが、車体の大きさは大事なポイントとなるでしょう。

日本の道路事情なども考えると、あまり車体が大きすぎると運転しにくい場合も出てきます。

そこで近年注目されているサイズの車として注目されている物にSUVが挙げられます。

SUVとはスポーツユーティリティビークルを略した物で、広義で言うとスポーツ用の多目的車を指しており、アウトドアドアに適していて舗装の悪い道でも走行しやすい部分が特徴です。

そのSUV車の中でも人気の車種がトヨタ自動車のハリアーで、実用性も優れており様々なモデルが発売されています。

サイズ比較として歴代のモデルを見ていくと、1997年〜2003年に販売されていた初代モデルでは全長4575㎜、車幅1815㎜となっており2003年〜2013年の2代目ハリアーは全長4735㎜で、車幅が1845㎜となり全長と車幅が若干長くなっている事が特徴です。

2013年からの現行モデルの3代目では全長が4720㎜、車幅が1835㎜と少しコンパクトなサイズとなり、利用者が駐車する際などの利便性を向上させています。

サイズダウンとはいえど大きめの車の部類になるでしょう。

ハリアーと同じ傾向の他社のSUV車と比較すると、日産のエクストレイルの全長が4690㎜で車幅が1820㎜となっており、ほぼ同等ですがハリアーの方が若干大きめ、スバルのフォレスターの場合では全長が4595㎜で、車幅が1795㎜ですのでハリアーのサイズの方が大きくなっています。

傾向としてハリアーは車体の高さが低いという点が挙げられますが、車高を低く見せてデザイン性を良くしている部分として表れています。

荷室の大きさが他のSUVと比較して大きめという事も特徴で、奥行きがある分荷物を積む利便性を高めている部分もメリットです。

運転をする際にはハリアーの大きさの特徴をつかんで、イメージしておく事で慣れるスピードも早くなるでしょう。

ハリアーのサイズを表から検証

トヨタ自動車が製造、販売しているハリアーは、都市型SUVの先駆的な存在として高い人気を獲得している車種です。

現行モデルで三代目となり、先代までは海外でレクサスRXとして販売されていましたので、高級車という位置付けになっています。

三代目となった現行モデルにおきましても、トヨタの都市型SUVとしてはラグジュアリー路線を継承していますので、室内空間の確保などが要求されます。

ハリアーのサイズをカタログの表から見てみますと、ボディサイズが全長4725mm全幅1835mm全高1690mmとなっています。

都市型SUVとしては平均的なボディサイズとなっていますが、全長が4800mm未満となっていますので、運転時の取り回しはしやすい大きさとなっていることが分かります。

全高は1690mmですので、SUVの中では平均的な数値と言えます。

全幅が1835mmとなっていますので、外観としましては高さ方向に長いイメージではなく、流麗なフォルムを描いているイメージとなります。

引用:https://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_navi_exterior

内寸をカタログ表から見てみますと、室内長1965mm室内幅1480mm室内高1220mmとなっており、ボディの外寸に対して効率よく室内空間が確保されていることが分かります。

室内長1965mmは、大人が前席と後席に乗車してゆとりが出来るサイズとなっています。

室内幅が1480mmですので、隣同士に座っても圧迫感を感じることはありません。室内高1220mmは頭上にスペースが出来る余裕があります。

圧迫感のない内寸となっているのです。

このように、カタログ表からハリアーのサイズを検証してみますと、ラグジュアリー路線を突き進むSUVというだけに、室内空間が贅沢に確保され、快適なドライビングを楽しむことが出来るサイズとなっていることが分かります。

室内寸法の割にボディサイズがコンパクトにまとめられており、運転のしやすさもハリアーの魅力のひとつと言えるでしょう。

トヨタ・ハリアー 車体のサイズ感についてのまとめ

ハリアーの車体のサイズ感について紹介してきましたが、いかがでしたか?

これまでハリアーに乗ってきた方であれば、その車体の大きさゆえの使い勝手や乗り心地の良さは実際に分かると思いますが、乗ったことのない方は、いまひとつわからない事も多いのではと思います。

目でサイズをチェックすることと、実際に体感することでそのサイズ感がさらによくわかると思いますので、ディーラーで試乗するのもおすすめです。

ハリアーが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは面倒…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!損!

 

カーライフの必需品のご案内

カーライフの必需品!だれでも欲しがるきっと役立つ便利グッズ。 あなたに最適なグッズが見つかりますよ!

女性でもできるカバーの着脱がラクラク

ワンタッチ式アウトドア用テント

大人2人が60秒で簡単に設営・収納ができる、ワンタッチ式イベント&アウトドア用テントです。
すぐ出せて、すぐ仕舞えて、すごく軽くて、強いので安心して使えます。


車の中に泊まって快適&節約旅行!

あると便利!車中泊関連商品はこちら


車洗車用高圧洗浄機でピッカピカ!

車の掃除・洗浄が楽に楽しく!


首都・阪神高速料金の最安値、お得なETCカード!!

割引率が高くお得なカードを使って有効活用を!


どんなにくすんだメッキも、錆びたメッキも、ピカピカ

貴方の愛車のパーツをピカピカにします!


大量にオイル交換するので安くていいオイルを探している方必見!

高品質ながら低価格を実現したモーターオイルがおすすめ!


大切な愛車を守る高感度衝撃センサーが警報を響かせ不審者を威嚇し寄せつけるない!

簡単セキュリティーキットでいたずらや盗難から愛車を守る!


3年間耐久の車のガラスコーティング剤でスッキリ!

愛車を最高の状態で保ち光沢を大幅UP!


コンセントも使える巨大モバイルバッテリーで安心!

高性能でパワフルなもっとも売れてるポータブル電源!


ロックしてしまった鍵のトラブルすばやく解決

やっちまったご自宅の玄関・車・スーツケース・金庫どんな鍵にも対応!