下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!損!

車を買い替えようと考える時、運転しやすいかどうか気になるところですよね。

特に、小さい車から車体の大きい車に乗り換える時には、不安も大きくなるものです。

この記事では、トヨタ・ハリアーについて、運転のしやすさ、いざというときの安全性や注意点などを紹介していきます。

 

スポンサードリンク

ハリアーは運転しやすいのか運転しにくいのか

引用:https://toyota.jp/harrier/interior/cockpit/?padid=ag341_from_harrier_in_cockpit03

実際にハリアーを運転している人の中には、運転しにくいという声も聞かれることから、購入を迷ってしまう人も多いものです。

ハリアーは国産SUVの中でも車体が大きく、特に女性や運転初心者の場合には車体が大きいことで運転に不安が生じるかもしれません。

確かにハリアーは横幅が大きいですが、このような車の場合には高速道路や国道などのある程度スピードを出して走るような道路ではその恩恵を感じることでしょう。

その一方で細い道や住宅街などを走る際には、ガードレールにぶつけたり側溝に脱輪するのではないかと心配になるかもしれません。

実は車の運転は大きくて心配だと思っている方が注意しながら安全に運転することができるため、あまり事故は起きません

慣れてくると自分は上手に運転ができるのだと過信することにもなり、これが事故につながります。

もしもハリアーの運転がしにくいと思っているのであれば、十分に安全運転をしている証拠とも言えるでしょう。

引用:https://toyota.jp/harrier/interior/?padid=ag341_from_harrier_navi_interior

ハリアーの運転がしにくいのであれば、なるべく運転しやすいようにコツをつかむことが大切です。

まず第一に車体感覚をつかむことが求められます。

車体サイズが大きいのであれば、ある程度練習し自分の感覚で車体の大きさをつかむことが一番大切です。

まずは安全な場所で、ぎりぎりまで壁などに寄せてみましょう。

運転席での感覚と、実際に車をおりてどのあたりに位置しているのかを目で確認します。

これを前後左右で繰り返すことによって、ある程度車体感覚をつかめるようになります。

同じように前後のタイヤの位置がどの程度にあたるのかを確認することで、タイヤと車体の大きさを確認することができ、運転する際には大きく役立ちます。

たとえ車体感覚をつかむことができたとしても、運転しにくい状況に陥るのが細い道や住宅街などです。

どんなに注意していたとしても、車体が大きいためひやりとすることもあるかもしれません。

最新のハリアーには自動ブレーキや車線逸脱防止装置などが備わっていることから、安全運転で走れるようなシステムになっています。

この機能があれば運転しにくいとは思わないでしょう。

スポンサードリンク

ハリアーの自走ブレーキや安全性について

https://toyota.jp/safety/?padid=ag341_from_info_cp_anzen_anshin_gijyutu0703

車というのは、目的地まで移動するための手段として非常に便利な乗り物です。

ですがその一方で、事故を起こしてしまうと命に関わる様な重大事に発展する事も少なくありません。

だからこそ車を購入する際には、安全性を重視する事が求められます。

ハリアーはトヨタ自動車が製造し販売している、クロスオーバーSUVです。

1997年に初代が登場して以降、モデルチェンジを繰り返しながら現在まで続いている人気の車種だったりします。

そのためSUVを購入しようとしている人の中には、このハリアーが候補に挙がる事が少なくないです。

そこで気になるのが、ハリアーの安全性が高いかどうかだったりします。

https://toyota.jp/harrier/safety/?padid=ag341_from_harrier_navi_safety

そんなハリアーには、プリクラッシュセーフティシステムと呼ばれる自走ブレーキの機能が搭載中です。

プリクラッシュセーフティシステムとは、進路上に他の車や歩行者等が出現した際にミリ波レーダーとカメラで感知して自動でブレーキをかけます

こうする事で、衝突事故を回避するという自走ブレーキシステムです。

ただしこの自走ブレーキシステムは、あくまで万が一の際に事故を回避するためのサポートシステムとなっています。

プリクラッシュセーフティシステムが搭載されているからと言って、普段から自力でブレーキを踏む必要がない訳ではないです。

あくまで事故の回避をサポートしてくれるシステムだと、理解する必要があります。

ハリアーは他にも、インテリジェントクリアランスソナーというシステムで高い安全性を確保中です。

近年は高齢者のドライバーが増えた事もあり、アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故が増えています。

インテリジェントクリアランスソナーは、もしも踏み間違いを起こした時に自動ブレーキを作動させる事で被害を食い止めたり緩和する効果が期待可能です。

他にも走行中に車線をはみ出しそうになったら、ブザーやステアリングの制御で報せてくれるレーンディパーチャーアラート等の機能が備わっています。この様にハリアーは、安全性がかなり高い車です。

スポンサードリンク

ハリアーに搭載されている横滑り防止機能

引用:https://toyota.jp/harrier/performance/operation/?padid=ag341_from_harrier_perf_performance_operation

横滑り防止機能とは、曲線の道を曲がる場合に車両が曲がり角の外側に膨らんでしまったり、曲がり角の内側に巻き込まれてしまったりする動きを防いで安定している運転を支援するシステムです。

自動車のメーカーによって呼び名が違っていてハリアーの場合はVSCと呼んでいます。

しかし、部品メーカーなどはESCという呼び名に統一する動きがあるので、ハリアーでも将来的には横滑り防止機能のことをESCと呼ぶようになるかも知れません。

ちなみに横滑り防止機能のメリットは、とても滑りやすい路面であってもカーブを安定して曲がることが可能なことです。

横滑り防止機能はセンサーがハリアーの色々なパーツに装着されていて、曲がり角を曲がる場合に外側の方に膨らんでしまうアンダーステアや曲がり角を曲がる場合に内側の方に巻き込んでしまうオーバーステアなどの車両が危険だったり、不安定だったりする状況を感じ取るとコンピュータに、それぞれのセンサーから送信されてくる情報を瞬時に計算してエンジンを回す回数やブレーキを自動的にコントロールします。

https://toyota.jp/safety/scene/scenes/?padid=ag461_safety_common_scene_scenes_bn

危険をドライバーが感じるタイミングと同時にコンピュータがプログラムによってエンジンの出力を下げたり、どの車輪に対してブレーキをかければ良いのかを割り出して動かしてくれたりなどして安全に走行することが出来る状態にしてくれるのです。

そして横滑り防止機能は、ABSと呼ばれるアンチロックブレーキシステムと連動している安全装置の1つとなります。

トラクションコントロールシステムは、タイヤが空転するの防いで安全でスムーズに加速するなどといった運転を支援する駆動力をコントロールするシステムです。

横滑り防止機能は、文字通りただ単純に車両が横滑りするのを防いでくれるものなためトラクションコントロールシステムとは役割や目的が違います。

ハリアーの車種の中には横滑り防止機能とトラクションコントロールシステムがどちらも装備している車種もあるのです。

ハリアーを運転する時の注意点

https://toyota.jp/harrier/performance/operation/?padid=ag341_from_harrier_perf_performance_operation

車は安全に気をつけて運転をしなければ事故を起こしてしまいますので、十分注意をするようにしておかなくてはなりません。

他の車で基本的な運転動作が身についていたとしても、車が変わると大きさなどによっては運転がしづらいものも出てきますが、その車の特徴を知っておけば難しいことはないでしょう。

運転する時の注意点さえ分かっていれば、どんなことに注意して運転をすればいいのかがわかりますので、ハリアーの場合はどんなことに注意をしておけば良いのかを確認しておく事です。

ハリアーの車体はそれなりの大きさがありますので、狭い道などでは注意しながら運転をしなくてはなりません。

しかし見た目の大きさの割には小回りがいい車になっていますので、切り返しをたくさんしなくても大丈夫な事も多くなります。

小回りが利かない車などの場合、車庫入れ時に悪戦苦闘をする事も多いですが、小回りが利くのであれば、スムーズに車庫入れしやすくなるはずです。

引用:https://toyota.jp/harrier/index2.html

なぜハリアーは小回りがききやすい車なのかというと、最小回転半径が少なくなっている為に、同クラスのサイズの車と比較しても小回りがいい車になっているからです。

切り返しをしなければ一回では回れないような道だったとしても、小回りが利くために切り返しなしでまわれるのであれば、後方部に注意しながらバックをしなくても良くなります。

狭い道などを通ることが多い人や、駐車のしにくい駐車場に車を入れる場合にも運転がしやすいですのはメリットです。

ハリアーの注意点としては、左右前方部に死角が出来てしまう点にあります。

左右の前方部が見えにくいという事は、車をぶつけやすくなってしまいますし、歩行者などにも十分注意しなくてはなりません。

街中などで歩行者が多い地域を運転しなくてはならない場合には、歩行者に十分注意するようにしておけば大丈夫ですので、見えにくい部分がある事を頭に入れながら気をつけるようにしたほうがいいでしょう。

ハリアーの安全性、自動ブレーキについてのまとめ

このように車体が大きいハリアーですが、女性や運転初心者の方でも安心のプリクラッシュセーフティシステム・インテリジェントクリアランスソナーなどの最新技術が搭載されているため、安心してドライブを楽しむことができます。

購入前にディーラーなどで試乗してみて自分に合うかどうか確かめてみるのもおすすめです。

 

▲▲おすすめ記事▲▲
【トヨタ・ハリアー】の人気カラーは何?色見本をチェックしよう
【トヨタ・ハリアー】後部座席と荷室容量や車中泊について
【トヨタ・ハリアー】試乗した場合の試乗評価はどうか?ポイントは?
【トヨタ・ハリアー】値引き相場についてはどうか?限度額や交渉のコツは?
【トヨタ・ハリアー】タイヤサイズとサイズアップする場合の交換方法は?

ハリアーが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは面倒…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!損!

 

スポンサードリンク