下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!損!

欲しい車が決まりいざ購入、というときに考えるのが、支払いの方法です。

中には「現金一括で!」という方も少ないながらいらっしゃると思いますが、自動車ローンで支払う方が多いのではないかと思います。

「残価設定型ローン」という言葉も最近ではよく聞くようになりました。

この記事では、そんな「ローン」について紹介していきます。

スポンサードリンク

ハリアー購入の際のローンについて知りたい時の方法

https://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_top_exterior

ハリアーはトヨタ自動車から販売されている自動車です。

人気の車種の一つであるため、ローンなどを使用して購入したいと考えている人は多いです。

ただ、ハリアーを月々の支払を少なくして購入したいときにおいては販売店見積りシミュレーションを利用するのが最も良いでしょう。

見積りシミュレーションは自動車の販売サイトであるトヨペットの公式ホームページで調べることができます。

車体価格にアクセサリー・オプションなどをつけた金額で返済シミュレーションを割り出すことができるという仕組みです。

ローンの種類には、通常割賦プランのほかに残価設定型プランの2種類から選択することができます。

通常割賦プランは、初回のお支払い金額と2回目以降の支払金額に金利を加えた総額を支払う設定となっています。

一方、残価設定型プランでは車両本体価格の一部を事前に残価として据え置いて、残りの金額を毎月計画的に支払うという設定です。

通常割賦プランのメリットは、最初及び2回目以降の支払金額の差がほぼ均等となっていることがメリットです。

その分金利はこちらのほうがやや高めに設定されており、ハリアーの金利は5.90%となっています。460万円程度値段がかかりますが、ローンで購入する場合は平均で13万円の支払いとなっています。

もう一つの残価設定型プランでは、初回の支払いが8万円台となっており通常割賦プランより安い金額に抑えられているという点がメリットです。

2回目以降最終回の一つ手前については、初回の支払いよりも少し安い金額で支払います。

そして、最終回のときに残りの残価分を支払うというわけです。

ハリアーの場合は、支払いの最終回に200万円を超える高額な支払いとなりますのでこのプランで払う場合は最終回の支払いに充分注意しておいたほうが良いでしょう。

使用するローンの仕組みなどについては、あらかじめ購入をするときにスタッフと充分に相談しておいてから決めておいたほうが交渉がスムーズです。

スポンサードリンク

ハリアーのローンを組むためにシュミレーションをしてみる

ハリアーを購入する為には、お金の準備をしなくてはなりませんが、手持ちのお金がない場合にはローンを組んで購入する必要があります。

ローンを組む方法には、購入に必要な金額を全て借りる方法もあれば、必要な金額だけを借りる事も出来ますので、いくら必要なのかを考えてみなくてはなりません。

ローンを組む金額が少ない方が、利子の支払いを抑えることが出来ますので、メリットがあるといえます。

借りる金額を少なくする為には、貯金などから支払いをするようにしなくてはなりませんが、貯金を全て使い果たすような事をしてはいけません。

貯金を全て使ってしまうと、車を維持するためのお金が必要になった時に困ることになりますので、ある程度は残しておくようにした方がいいでしょう。

ある程度自由になるお金がなければ、車検などを受ける時の費用が足りなくなるかもしれません。

そうならない為には、ある程度貯金を残した状態で必要な金額でローンを組むようにしましょう。

ローンを組む時には、どこで借りるのかも考えるようにし、利子が少なくてすむ所を選ぶ事です。

金利が低ければ、それだけ少ない利子ですむことになりますので、各金融機関などの設定値を比較してから決める方がお得です。

比較をせずに決めてしまうと、高い利子に苦しむことになりますので、比較は必ず必要になります。

金利の確認をするだけではなく、何年間で返済をするのかも決めるようにしましょう。

返済期間が長ければ、月々の返済額は少なくてすみますが、最終的に支払った金額は多くなります。

返済年数を短くすることによって、利子の支払いが少なくなりますので、シュミレーションをして何年で返済をするかを考えてみてもいいでしょう。

シュミレーションをすることによって、月々の支払額も確認をすることが出来るので、無理のない返済額を知る事が出来ます。

長い年月をかけて支払う場合には、支払い続けることが出来るかを考えてみることです。

スポンサードリンク

ハリアーは残価設定型ローンの利用で購入するのがお得

月々の支払いを無理のない金額

https://toyota.jp/information/zanka/harrier/

ハリアーは新車で購入する場合に「残価設定型ローン」を利用する方の多い車種です。

一般的に残価設定型ローンを利用する場合には、残存価格が高いほど毎月の支払う金額の負担が減ることになりますので、できる限りリセールバリューの高い車種を選ぶということが有利に働きます。

そのために、高い人気を維持しているハリアーは残価設定型ローンの好適車種ということとなります。

トヨタの場合は各販売店によって多少の違いはありますが、それぞれの車種によって残価率が設定されています。

これは広く周知はされていませんが、新車を購入する場合にはセールスから残価率の設定レベルを教えてもらうことができます。

コンパクトカーや人気の低い車種であれば車両本体価格の3割程度とされることも多い中、ハリアーの残価率はかなり高く、5割を超えるランク(5割から6割)に設定されています。

つまりオプションを含めた車両本体購入価格が400万円だった場合には、200万円から240万円程度の下取り価格があらかじめ担保されるということとなります。

引用:https://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_navi_exterior

購入者は残価分を36回(3年)から60回(5年)で分割支払することとなり、頭金の金額によっては月々の支払額を1万円台程度まで抑えて購入することもできる可能性があります。

例えば頭金の限度額は残価設定の半分以下という条件がありますが、100万円の頭金を入れて残りの100万円分を36回で支払うと、ボーナス併用であれば月々の負担額を圧倒的に低くすることもできます。

新車のハリアーは高いと考えている方も、この支払い方法であれば余裕を持って上位グレードを狙えることもありますので、現在ではかなり多くの方が残価設定型ローンを利用している実態があります。

上手に支払い計画を立てていくと、とても有利な条件で購入できるチャンスでもありますので、販売店のセールスに支払いシミュレーションを作ってもらってみると良いでしょう。

憧れだったハリアーにも手が届くに違いありません。

ハリアーの維持費について

ドライブはとても気持ちが良いですし、仕事が休みの日に颯爽と山道を走ったり、海沿いを走ったりすることに憧れる人も多いと思いますが、いざ車を購入して維持しようと思うと、かなり維持費がかかるイメージがあります。

実際に欲しい車が出来た時に、具体的に大体年間にいくらぐらい必要なのかを調べてからでないと、なかなか安心して購入で来ないのではないでしょうか。

例えばトヨタのハリアーを購入したと仮定します。

その場合にかかる維持費はどれぐらいになるのかを考えた時に、まず毎年5月に納める自動車税代とガソリン代の他に自動車保険代がかかってきます。

この自動車保険代は節約しようと思えばできないことはありません。

例えば自動車保険は一年ごとの更新が必要ですが、その間に無事故無違反なら等級が上がり、保険料も年々安くなっていきます。

年払いで一括で支払うと料金が安くなるのでそのような支払い方法にするのもおすすめですが、他にも複数の保険会社で見積もってもらって、一番安いところに変えてもほとんど同じ保証で料金が安くなりお得です。

特に、こういった保険会社はインターネットで申し込むとインターネット割引が適用されるので、利用されてみるのも良いです。

ガソリン代にしても現金で支払うよりもカードで支払う方がガソリン代の値引きのサービスが受けられます。

またカードで支払った金額に応じてポイントが貯まっていくため、その貯まったポイントでガソリン値引きしてもらったり商品券などに交換してもらったり出来ます。

後、点検代や車検に関する費用と人によっては駐車場代もかかります。

そういったメンテナンス代も節約しようと思えば節約できます。

もちろん安心できるのは購入したディーラーで全てお願いするのが一番ですが、少しでも安くしようと思えば、インターネットでパーツだけ購入して持ち込みで工事してもらえるところに持っていくとかなり安くで出来ます。

このように削れる費用はけずっていくと、維持費も年間にすると50万円はかからないで維持していくことは可能です。

ハリアーのローンを組む場合のまとめ

このように通常割賦プランや残価設定型プラン、自動車保険のインターネット割引やガソリンスタンドのポイント割引などを上手に活用しながら無理のない購入計画を立てましょう。

 

▲▲おすすめ記事▲▲
【トヨタ・ハリアー】の人気カラーは何?色見本をチェックしよう
【トヨタ・ハリアー】後部座席と荷室容量や車中泊について
【トヨタ・ハリアー】試乗した場合の試乗評価はどうか?ポイントは?
【トヨタ・ハリアー】値引き相場についてはどうか?限度額や交渉のコツは?
【トヨタ・ハリアー】タイヤサイズとサイズアップする場合の交換方法は?

ハリアーが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは面倒…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!損!

 

スポンサードリンク