都市型SUVの中でもラグジュアリーなデザインが人気のハリアーですが、冬の雪道などではどうなのか気になるところ。

今回は、ハリアーの雪道での走行性能などご紹介します。

 

スポンサードリンク

ハリアーの2WDで雪道とその対策

ハリアーの2WDでの雪道の塩梅は、装着しているタイヤで難易度が大きく変わります。

雪が積もっているならば通常のタイヤの場合、いくらハリアーでも危険である為スタッドレスタイヤなどに変えておくのが重要です。

豪雪地帯ならば4WDの方が安心である面がありますが、2WDであってもしっかりと雪の対策を立てているならば、雪道を走行する事ができ例えば北海道のような地域であっても乗りこなすことは可能になっています。

これは雪道を走行する場合の手段としての選択が車の駆動の方式よりも、タイヤがスタッドレスやチェーンの方が安心である事からきています。

雪が降る地域ではない為通常は普通の道を使用しており、ノーマルタイヤなのに図らずも運転中に雪が降ってしまったと言ったケースが起きることがあります。

そう言ったノーマルタイヤで雪道を乗り切らねばならない事態としては、なるべく大きな幹線道路を運転する事で、これは交通量が多いので路面に雪が積もりにくい点と除雪車が走っている可能性が高いことがあげられます。

逆に脇道や抜け道などは交通量が少なく太陽も当たらないので、雪が路面に残ることが多くなります。

橋の上やトンネルの注意するところで、特に橋は凍結しやすい所ナンバーワンである為避けて通るの安全です。

また積雪が少ないうちは、わだちの部分だけ雪がないケースが多いのでそこをトレースするように運転する事もありです。

運転中に雪が降ってすでに雪日になっているならば、デリケートなアクセルやブレーキやハンドル操作も重要ポイントです。

これは雪が積もっているため滑る危険性が高いためで、急激なブレーキではなくそれこそ羽毛のようにそっとブレーキペダルを踏むのが良い方法です。

2WDは4WDよりも上り坂に弱いので、うっかり雪道の上り坂で車を止まらせたら再発進することができなくなる自体の恐れがあります。

よって雪道の上り坂は停止しないように速度を調整しながら運転がよく、上り坂で前方が赤信号の場合も青信号になるまで最徐行で車が止まるのを避けるといった具合になります。

スポンサードリンク

ハリアーの4WDの性能はどうなのか?

トヨタ社のプレミアム・クロスオーバーSUVである「ハリアー」はスタイリッシュなデザインの他に充実している装備、大き過ぎないボディのサイズなどが特徴の車です。

ラインナップ中には2WDのモデルもありますが、SUVの場合は4WDの方が本命になってきます。

そんなハリアーの4WDの性能として、搭載されているエンジンはNAエンジンを搭載しているエントリーグレードの「エレガンス」です。

価格は2WDのものが約295万円なのに対して、4WDのは約314万円と20万近く高価になっています。

車の仕様の違いは4WDのものが車両の重量が50kg程重くなっています。

ですが、それ以外のことでは相違はありません。

パワートレインは2LガソリンNA/ターボに加えて、ハイブリッドが用意されているのです。

ガソリンエンジンの性能は両者同じものになっています。

ハリアーを運転する際の実燃費は、カタログ燃費が15.2km/Lとなっています。

実際の達成率は約80%近くになっているのです。

カタログ燃費との落差はあまりありません。

ハリアーの4WDで雪道を走行する際の性能は、システムとして「ダイナミックコントロール4WD」といわれるアクティブオンデマンド型の一種になっており、車両安定化制御システムの「SVC」などと協調制御を行う点が特徴的な性能です。

https://toyota.jp/harrier/performance/performance/

制御システムの中のダイナミックコントロール4WDというものは、コンピューターで電子制御カップリングの伝達トルクを制御していく方針になっており、前後輪にあるトルク配分は道路の路面状況などに応じて連続的に変化していきます。

ハリアー4WDの実際の走行性能は、同じスタッドレスタイヤを履いている状態でガソリンの場合とハイブリッド車を比較した場合は前者の方が力強く発進することが出来ます。

しかし、深雪でない限りはあまり性能に差はありません。

総合的な性能としては、ガソリン車はフルタイム4wd方式を採用しているフォームには一歩及びませんが、優秀な性能の分類です。

また燃費も良いので、ガソリン代をそれほど気にしなくても良いのがいい点にもなってくるのです。

スポンサードリンク

最新ハリアー4WDハイブリッドについて

トヨタのハリアーは2018年年9月3日に特別仕様車を発売しました。

これはPROGRESSをベースにしたPROGRESSSTYLEBLUEISH及びMETALANDLEATHERPACKAGEを設定しました。

内装はブラックにブルーをアクセントにした表皮シートやブルーの木目のドアスイッチとシフトパネルで全体的にクールな印象の作りです。

外装はブラック塗装に切削光輝を施したアルミホイールとスモーク調メッキ加飾のヘッドランプ、漆黒メッキのフードモールや再度プロテクションモールが使われて、これまでと比較してより力強さが感じられ、全体としてクールでスタイリッシュな男性のイメージを持つことが出来ます。

この特別仕様車の価格は2.0L自然吸気で約380万、4WDだと約400万、2.0Lのターボでは約410万、4WDで約430万、ハイブリッドだと約460万円程度となっています。

METALANDLEATHERパッケージだとそれぞれ30万円ずつ高くなります。

https://toyota.jp/harrier/grade/special/?padid=ag341_from_harrier_main_grade_special

2017年6月にマイナーチェンジされたハリアーはこれまでのものに比べ都会的で洗練されたスタイリングとなりました。

特に印象の決め手となるフロントは横基調のロアグリルでワイドさが強化され、流れるように光るLEDシーケンシャルランプや縦長のLEDライト、リアはレッド・クリア・ブラックのアウターレンズで構成されています。

シートカラーはブラックかダークサドルランという茶色が選択でき、素材もプレミアムナッパという本革が使われています。

一番のトピックとして2.0L直噴ターボエンジンが採用されたことで車格にあったパワーがらランナップされて商品性が大きく高まったといえます。

ガソリン車の2WD又は4WDは300万から430万で、ハイブリッド車は380万から495万円という価格帯で販売しています。

燃費については国土交通省の審査値でガソリン車が16㎞、ハイブリッド車だと21.4㎞ですが実際に街中を走行するにはそれほど差を感じることはないです。

 

ハリアーの4WD仕様車は雪道走行も安定した走りを約束しています

https://toyota.jp/harrier/performance/eng_hv/?padid=ag341_from_harrier_top_performance_eng_hv#

雪国にお住まいの方は自動車運転について冬期間の路面状態を気にしてしまいます。

トヨタ自動車のハリアーにはFFの他、4WD仕様車も設定されていて、各グレード別に自由に選べる環境です。

2000ccのモデルでも普通のガソリン車の他にガソリンでターボ車もあります。

ハイブリッド車の場合では2500ccにモーターが備わっていることになるので、かなりのハイパワーを実現しています。

雪国に住んでいる人や、圧雪路面やアイスバーンなどを走行させる機会のある方であれば、やはり4WD車を購入することにメリットがあります。

ハリアーは比較的大きな車体になり、横幅も十分にあります。

エンジン性能も良いのでいつでも安定した走行ができますが、雪道を走行させる際にもこの安定感は発揮しています。

その理由の中にはタイヤサイズを挙げることもできます。

新しいハリアーのモデルではフロントタイヤとリアタイヤの両方に235/50R19のタイヤサイズが標準装備されています。

このサイズは一般的な自動車よりもかなり大きくて幅のあるサイズになるので、スタッドレスタイヤも同じサイズにすることが必要なので、かなり安全に走行することができるものです。

https://toyota.jp/harrier/performance/eng_hv/?padid=ag341_from_harrier_top_performance_eng_hv#

さらにMモードを搭載していることもハリアーの特徴として挙げることができ、オートマチックながらマニュアルモードとして使うことができる機能です。

Mモードの使い方は人によって様々なものがありますが、雪道走行をさせる際にはこの機能を使ってエンジンブレーキを利用できるという安心感も出ます。

タイヤサイズが大きくゆとりある走行を実現しているので、ハリアーの4WD仕様車の場合、雪道走行で発進時は特に急な坂道でも問題にしない魅力があります。

カーブなどを走行させる際にも安全性能を発揮できる車種になるので雪道走行の時にも常に安全を保ちながら走行させることができます。

パワフルなエンジンながら安全性能に優れている一面もあるので、冬期間に降雪が多いエリアでも安定した走りが可能です。

ハリアーが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは面倒…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!損!

 

スポンサードリンク