下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!損!

SUVの中でも人気のトヨタハリアーとホンダヴェゼル。

気になる価格や燃費などを徹底的に比較してみました。

 

スポンサードリンク

ハリアーvsホンダ ヴェゼルの価格を徹底検証!

https://toyota.jp/harrier/?padid=ag341_from_harrier_navi_top

人気のSUVとしてハリアーvsホンダヴェゼルとライバルのように比較されることの多いこの車種はどちらも魅力的で扱いやすいことから幅広い世代に支持されています。

今回は価格に的を絞って両方の車種を徹底検証していきます。

ハリアーはトヨタ自動車が1997年から製造、販売しているクロスオーバーSUVです。

2017年には外装や内装の他に新たなエンジンモデルが追加されるマイナーチェンジを行いました。

高級クロスオーバーSUVの頂点に君臨するトヨタ自動車の自信作です。

 

 

https://www.honda.co.jp/VEZEL/

対するヴェゼルはホンダが2013年に発売したコンパクトクロスオーバーSUVです。

SUVの力強さや美しさを残しつつ、大きさや使いやすさに重点が置かれたデザインになっています。

SUVの良さとミニバンの乗りやすさを融合させた車です。

ガソリン車とハイブリッド車で価格が変わるのでそれぞれ検証してみます。

まずハリアーのガソリン車の新車価格は295~457万となっています。

ヴェゼルのガソリン車は193~228万円です。

次にハリアーのハイブリッド車の新車価格は377~495万円となっています。

ヴェゼルのハイブリッド車は226~275万円です。

価格はハリアーの方がワンランク上という結果でした。

それに伴い高級感や重厚感もハリアーの方が上になります。

コストパフォーマンスで比較するとヴェゼルの方が燃費が良く価格も手ごろながらSUVの高級感も兼ね備えているといったところでしょうか。

2台ともエコカー減税の減税率が高いので、自動車グリーン税制と組み合わせればさらにお得に購入できます。

次世代を担うSUVとしてとても人気の2台ですが、それぞれに良さがあります。

最終的に購入の決め手となるのは自分の好みや予算、用途が大きく関係してくると思います。

どちらが自分に合っているのか販売店のスタッフとじっくり話し合って決めてくださいね。

さて、あなたの愛車はどちらがいいと思いますか?

 

スポンサードリンク

ハリアーvsホンダ ヴェゼルの大きさの違いを検証する!

https://toyota.jp/harrier/interior/?padid=ag341_from_harrier_navi_interior

ハリアーvsホンダヴェゼルとSUV界においてトップ争いを続けているこの2台。

価格や燃費など様々な面において違いがあります。

今回は大きさに焦点を当てて検証していきます。

ハリアーはトヨタ自動車が1997年から製造、販売しているクロスオーバーSUVです。

現行型は2013年に発売された3代目になります。

洗練された都会的なデザインと高級感を兼ね備えた人気の車種です。

 

https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/interior/cabin/

ヴェゼルは2013年にホンダから発売されたコンパクトSUVです。

フィットをベースにしたこともあり、コンパクトで乗りやすいのが特徴です。

デザインが美しく、SUVの重厚感とミニバンの手軽さを併せ持つ車種です。

大きさはグレードによって多少変わりますが、基本的なサイズで検証します。

まずハリアーの全長は約4.7m、全幅は約1.8m、全高は約1.7mになります。

一方、ヴェゼルの全長は約4.3m、全幅は約1.8m、全高は約1.6mとなっています。

サイズ的にいうとヴェゼルの方が全長が40㎝ほど小さく、コンパクトな作りだということが分かりました。

ヴェゼルは丸みを帯びた小柄な見た目なのに対し、ハリアーはスポーティーで力強いデザインです。

外観のSUV特有の雰囲気は似ていますが、それぞれコンセプトやデザインが違うので、そのことが大きさに関係してくるのかもしれませんね。

どちらも街乗りに適した乗りやすい車です。

次に室内のサイズです。

ハリアーの室内長は約2m、室内幅は約1.5m、室内高は約1.2mです。

一方ヴェゼルの室内長は約1.9m、室内幅は1.5m、室内高は1.3mとなっています。

ハリアーの方がサイズが大きいのに室内空間はヴェゼルとあまり変わらないということに驚きました。

サイズが大きいぶんラゲッジスペースはハリアーの方が少し広くなっています。

車を購入する際に、単純に大きさだけを比較して判断することは難しいですが、判断の基準になる重要なポイントです。

販売店のスタッフとよく相談して自分に合う車を見つけてくださいね!

 

スポンサードリンク

ハリアーvsホンダ ヴェゼル燃費に差はあるのか!?

https://toyota.jp/harrier/?padid=ag341_from_harrier_navi_top

ハリアーvsホンダヴェゼルとSUVの人気ランキング上位に入るこの2台は性能や価格、デザインなどあらゆる面において比較されることが多い車種です。

今回はその中でも燃費について徹底的に見ていきます。

ハリアーはトヨタ自動車が1997年に製造、販売しているクロスオーバーSUVです。

スポーティーで力強い見た目が特徴で、重厚感と高級感をまとったSUV界を代表する車です。

現行型は2013年に発売された3代目になります。

https://www.honda.co.jp/VEZEL/

 

ヴェゼルはホンダが2013年にフィットをベースにして開発したコンパクトSUVです。

美しいデザインでSUV特有の雰囲気を残しつつ、ミニバンの快適さと使いやすさを追求したホンダの自信作となります。

燃費はガソリン車とハイブリッド車で変わるので、それぞれ比較していきます。

運転者の乗り方や使い方、その日の天気などによっても左右されるので基本的な数値をあげていきます。

まずガソリン車の場合、ハリアーの燃費は12.8~16.0㎞/Lという結果です。

一方、ヴェゼルの燃費は19.0~20.6㎞/Lとなります。

次にハイブリッド車の場合、ハリアーの燃費は21.4~21.8㎞/Lです。

それに対しヴェゼルの燃費は21.6~27.0㎞/Lという結果でした。

燃費ではヴェゼルの圧勝ということになります。

ヴェゼルの燃費はガソリン車の場合でもハリアーのハイブリッド車に迫る勢いです。

コストパフォーマンスはヴェゼルの方が上ということが分かりました。

車を購入する時はコストパフォーマンスや乗り心地、見た目が決め手になると思いますが、最終的には運転者の用途や好みが大きく影響すると思います。

ハリアーもヴェゼルもそれぞれメリットとデメリットが存在します。

販売店でそれぞれの特徴を理解し、自分に合う車はどちらなのか徹底的に検証してみましょう。

どちらの車もメーカーが自信をもっておすすめする1台です。

さて、これを見ているあなたはどちらの車に乗りたいですか?

 

内装の比較トヨタハリアーvsホンダ ヴェゼル

https://toyota.jp/harrier/interior/?padid=ag341_from_harrier_navi_interior

現代は都市型SUVが人気を博しています。

都市型SUVは各自動車メーカーが開発競争を行っており、常に進化を続けています。

その中でも人気の車種が、トヨタ自動車が製造、販売しているハリアーと、ホンダが製造、販売しているヴェゼルです。

ハリアーとヴェゼルの内装を、ハリアーvSホンダ ヴェゼルとして比較する場合、それぞれが持つキャラクター性を把握しておく必要があります。

ハリアーは先代までは海外でレクサスRXとして販売していたラグジュアリー路線のSUVです。

他方、ヴェゼルはクーペスタイルのスポーティーなSUVです。

ハリアーは現行モデルでも先代までのラグジュアリー感を継承しています。

よって、内装は上質なものとなっており、最上級グレードになりますとレザーやメタルが上品にあしらわれたものとなります。

ラグジュアリーでありエレガントな内装デザインとなっているのです。

室内空間の寸法も広く確保され、運転席や助手席のみならず、後席のスペースも広く確保されているため、快適なドライビングを楽しむことができます。

ヴェゼルの内装は、外観がクーペスタイルとなっているのと同様に、インテリアもセンターコンソールの位置が高く設けられ、運転席が包まれた空間となり、クーペスタイルとなっています。

室内空間の広さはハリアーほどの広さではありませんが、大人が乗車できるくらいのスペースは確保されています。

https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/interior/design/

ヴェゼルにはジャズブラウンという内装色が設定されており、スムースレザーを使うことで高級感とスポーティーさを両立させているのです。

このように、高級感やエレガントな内装を求めるのであればハリアーという選択になりますし、スポーティーさを求めるのであればヴェゼルということになります。

同じ都市型SUVというカテゴリーでありながら、両車のキャラクター性は大きく異なりますので、どのようなシーンで乗りたいのか等を考慮し、ハリアーとヴェゼルを検討することが大切です。

 

ハリアーが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは面倒…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!損!

 

スポンサードリンク