下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!損!

街乗りもアウトドアにも大活躍の都市型SUV。

今回はトヨタから発売されている人気の2車種ハリアーとCHRについて価格や燃費など、いろいろな角度から検証してみました。

スポンサードリンク

価格を比較!トヨタハリアー vs トヨタ CHR

https://toyota.jp/harrier/?padid=ag341_from_harrier_navi_top

トヨタ自動車からは人気の都市型SUVが販売されています。

今や都市型SUVの代名詞となっているハリアーと、斬新なデザインでセンセーショナルに登場したCHRです。

どちらも非常に人気の高い車種となりますので、購入の際には競合車種となるのです。
ハリアーとCHRを検討する際に最初に注目すべきポイントは、やはり価格です。

予算の範囲に収まっているかを把握しておく必要があります。

https://toyota.jp/c-hr/?padid=ag341_from_chr_navi_top

それぞれの車種の価格をトヨタハリアーvsトヨタ CHRとして比較する場合、パワートレインやグレード別に比較することが必要となるのです。

ハリアーには三種類のパワートレインが用意されており、それぞれの価格は2リッター自然吸気エンジンで295万円から442.5万円、2リッターターボエンジンで338.0万円から457.5万円、2.5リッターハイブリッドで377.5万円から495.4万円となっています。

CHRには二種類のパワートレインが用意されており、それぞれの価格は1.2リッターターボエンジンで229万円から280.0万円、1.8リッターハイブリッドで261.4万円から292.9万円となっています。

価格だけを比較してみますと、全体的にCHRの方が安価な設定となっているのです。

それは、ハリアーがラグジュアリー路線を継承しているSUVであり、高級車としての質感を追求していることが要因となっているためです。

CHRはスポーティーでありながら実用性を兼ね備えた都市型SUVであり、ハリアーは高級でエレガントな上質な都市型SUVという位置付けですので、それらを認識しておけばこの価格差にも納得ができます。

このように、購入のしやすさを優先させるのであれば価格的にCHRが第一候補となります。

ハリアーは高級車という位置付けで捉える必要がありますので、高級車を購入する資金として用意しているのであれば、ハリアーが候補となるでしょう。どちらの車種も、価格は違えど独自のキャラクター性を持った自動車ですので、購入の際には検討の余地があります。

 

スポンサードリンク

大きさを比較する!トヨタハリアー vs トヨタ CHR

https://toyota.jp/harrier/?padid=ag341_from_harrier_navi_top

トヨタ自動車から販売されている都市型SUVとして、ハリアーCHRを挙げることができます。

どちらも高い人気を博している車種であり、それぞれ独自のキャラクター性を持ったSUVとなりますので、購入を検討する際は、ボディや内装のデザインのみならず、大きさも検討する要素となります。

大きさをトヨタハリアーvsトヨタ CHRとして比較した場合、ボディの外寸はハリアーの方が大きくなります。

ハリアーのボディサイズは全長4725mm全幅1835mm全高1690mmとなっており、CHRは全長4360mm全幅1795mm全高1550mmとなっています。

CHRの方が全ての寸法においてコンパクトであることが分かります。

https://toyota.jp/c-hr/?padid=ag341_from_chr_navi_top

特に全長はCHRの方が365mm短くなっており、運転時に取り回しがしやすいことが分かります。

室内の寸法は、ハリアーが全長1965mm全幅1480全高1220mmとなっており、CHRは全高1800mm全幅1455mm全高1210mmとなっています

ハリアーの方がゆとりのある室内空間ということになっています。

室内の全長がCHRよりも165mm長いことから、大人が前席と後席に乗車してもゆとりのある空間が構築されていることが分かります。

CHRはクーペスタイルを強調していますので、室内の全高は低いイメージですが、1210mmと必要十分な寸法を確保しています。

ボディ寸法、室内寸法を見てみますと、ハリアーのボディ寸法が大きい要因は室内空間を確保するためだということが分かります。

それに対し、CHRはボディ寸法の割には室内空間は広く確保されています。

どちらの車種も運転はしやすい自動車ですが、より取り回しがしやすい自動車はCHRということになります。

広い室内空間を必要とする場合は、ハリアーという選択になります。どのような場面で乗る機会が多いのかによって、どちらの車種を選択するのか、大きさから検討することも大切なのです。

 

スポンサードリンク

燃費を比較!トヨタハリアー vs トヨタ CHR

トヨタ自動車からハリアーやCHRといった都市型SUVが販売されています。

これらの車種は、購入の際に競合対象となりますので、比較検討する際は様々な要素を見ていく必要があると言えるでしょう。

ボディサイズであったり室内空間であったり、そして重要なのがランニングコストの要となる燃費です。

燃費をトヨタハリアーvsトヨタ CHRとして比較する場合、パワートレインごとの燃費を把握しておくことが大切です。

ハリアーには三種類のパワートレインが用意されており、それぞれの燃費は、2リッター自然吸気エンジンで14.8km/Lから16.0km/L、2リッターターボエンジンで12.8km/Lから13.0km/L、2.5リッターハイブリッドで21.4km/Lとなっています。

 

他方、CHRには二種類のパワートレインが用意されており、それぞれの燃費は、1.2リッターターボエンジンで15.4km/Lから16.4km/L、1.8リッターハイブリッドで30.2km/Lとなっているのです。

排気量は異なる二車種ですが、パワートレインをガソリンエンジンとハイブリッドとして見た場合、ターボエンジン、ハイブリッド共にCHRが良い燃費数値となっています。

これは、CHRのパワートレインの排気量が小さいのと、車両重量がハリアーよりも軽量であることが要因として挙げられるのです。

特にCHRのハイブリッドは30.2km/Lという、クラス最高水準の数値となっているのです。

ターボエンジンもハリアーより3km/L近く良い数値となっています。

数値だけを見ていますとCHRが優れていますが、排気量や車両重量を念頭に置いて見てみますと、ハリアーも健闘しているのです。

コンパクトで燃費が良いのはCHRで、室内空間が広く確保され快適性が高いのはハリアーです。

経済性という側面から見ますとCHRに分がありますが、快適性という側面からすればハリアーに分がありますので、用途に応じて選ぶことが大切です。

 

構成的な外観と豪華な内装のハリアー vs トヨタ CHR

https://toyota.jp/harrier/?padid=ag341_from_harrier_navi_top

トヨタハリアーは、精悍な外観と高品質な内装、ハイブリッド仕様も用意されている人気のSUVですが、ライバル車として同社から販売されているCHRがあります。

車格的にはCHRのほうが落ちますが、新プラットフォームであるTNGAを採用したことによる走行性能の向上とハリアー同様に内装の質感も高く、その上で価格が安いということになれば迷うところでしょう。

トヨタハリアーvsトヨタ CHRを乗り比べてみると、やはり車格感の違いはあります。ハリアーは登場から時間が経過してはいますが、やはりより一層豪華であり、高級サルーンのようなゆったりとした乗り心地は魅力があります。

年齢的には中高年をターゲットにしています。

https://toyota.jp/c-hr/?padid=ag341_from_chr_navi_top

それに足してCHRはスポーティな走行を得意としており、若い人をターゲットにしていることがわかります。

外観比較でも両者ともに個性的ですが、ハリアーのほうが落ち着きがある豪華さであるのに対して、CHRのインパクトのある大胆な外観は、中高年が所有するにはやや抵抗を感じるかもしれません。

人気のハイブリッドの比較では、ハリアーの燃費性能は21.8km/Lであるのに対して、CHRは30.2km/Lとプリウスと同じハイブリッドシステムを導入していることによる性能差があります。

価格差は80万円~150万円程度CHRのほうが安くなっています。

この結果から単純に燃費性能や価格の安さ、そしてスポーティな走りで選ぶならCHR、ゆったりとした落ち着きのある豪華さを優先するならハリアーという選択になります。

ただガソリン仕様であれば、ハリアーのエントリーモデルは280万前後から購入可能であり、これは大きな魅力と言えるでしょう。

なお、CHRのガソリン仕様車は1.2Lターボエンジンが搭載されており、ハイブリッドよりもさらにスポーティな味付けになっています。

リセールバリューはどちらも非常に高く、売却する際には高額買取が期待できるでしょう。

 

ハリアーが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは面倒…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!損!

 

スポンサードリンク