SUV車の中でも人気のトヨタのハリアーと日産のエクストレイル。

今回はこの2車種について、価格から内装デザインまで徹底的に比較してみました。

スポンサードリンク

ハリアーvs日産 エクストレイルの価格を徹底比較

https://toyota.jp/harrier/?padid=ag341_from_harrier_navi_top

トヨタのハリアー日産のエクストレイルはライバル関係にあるSUV車です。

どちらも人気の高い車種ですが、今回は双方の主要人気グレードのハイブリッドモデルで価格や燃費性能などを徹底比較してみました。

トヨタハリアーvs日産エクストレイルは、一体どちらが経済的なのでしょうか。

トヨタのハリアーは疾走感と美しさが溶け合うラグジュアリーなSUVとして誕生しました。

歴代に継承されている流麗なロングノースに、ボディラインはエッジの効いたものを採用しており、流れるようなスピード感と躍動感を表現したサイドビューが特徴的な車体で、価格はおよそ279.7万円~459.2万円になります。

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

一方の日産エクストレイルは、アウトドアスポーツを内装も汚れなどを気にせずにラフに楽しめる防水仕様のタフギアとして生まれました。

状況を選ばないゆとりのインテリジェントデュアルクラッチコントロールによってモーターを操る走行性能にも定評があり、価格はおよそ220万円~367万円です。

ハリアーの方がエクストレイルに比べて一回り上の価格帯となっていますが、これはラグジュアリーSUVとして生まれたハリアーと、タフギアとして人気を集めるエクストレイルの購買層の違いも影響しているでしょう。

より高級感溢れる走りを体感したい人はハリアーを、ラフにアウトドアシーンを楽しみたいという人はエクストレイルに惹かれるものがあります。

燃費に関しては、ハリアーハイブリッドはカタログで21.4km/L、平均燃費13.9km/Lに対し、エクストレイルハイブリッドはカタログで20.0km/L、平均燃費12.7km/Lという数字が出ています。

ハイブリッド技術の最先端を行くトヨタの技術が存分に発揮された電気式4WDシステムを採用しているため、エンジンの出力が大きいにも関わらず燃費面ではハリアーに軍配が上がります。

それぞれに長所や特徴があり、ユーザーの用途も違うため一概にどちらが優れているかということは言えませんが、SUVの購入を検討する上で参考にしていただければ幸いです。

 

スポンサードリンク

ハリアーvs日産 エクストレイルその大きさの違いは

https://toyota.jp/harrier/?padid=ag341_from_harrier_navi_top

車の車種には様々なものがありますが、その一つにSUVがあります。

またその中のさらに狭い範囲に、クロスオーバーSUVというものがありハリアーやエクストレイルが含まれます。

車を乗るときには外観や燃費なども重要になりますが、大きさも大切な要素でありハリアーvS日産エクストレイルで比較することも大事です。

まずハリアーですがこちらは全長4725mmの全幅1835mm、そして全高が1690mmあります。

高さも十分なものがあり、座席に乗ったときの視線の位置なども広範囲を見渡すことができ視認性が良いです。

一方でエクストレイルの場合には全長が4690mmで全幅1820mm、そして全高が1740mmです。

これはハリアーよりも全長と全幅が小さく、高さだけが上回っていることになります。しかしその差はそれほど大きいものではないので、乗り心地や見た目などで選ぶことも選択肢の一つです。

大きさがかなり違えば運転のしやすさなどに大きな影響が出てきますが、数センチや十数センチであればそれほど変わる物ではありません。

最低地上高はエクストレイルのほうが高いので、SUVとして悪路を走りたい場合にはこちらの方が向いているといえます。

ハリアーvs日産エクストレイルで大きな違いというのは、三列シートがあるかないかになります。

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

大勢で乗りたい場合には三列目があった方が良いですが、三列目があるのはエクストレイルです。その際に注意しなければいけないことが、二列も三列も車体の大きさは変わらないということになります。

同じ大きさで乗れる人数が増えるということは、車内の空間がそれだけ狭くなるということです。

そのため快適に利用しようとする場合には、2列の方を選んでおいた方が無難です。このようなことがあるので、ただ単に車体の大きさだけで考えず何人乗車できるのかも確認することが大切になります。

そうすることで快適に乗車することができ、ストレスなく乗っていることができます。

 

スポンサードリンク

燃費比較!トヨタハリアーvs日産エクストレイル

https://toyota.jp/harrier/?padid=ag341_from_harrier_navi_top

現代の自動車業界は、SUVが全盛の時代となっています。

スタイリッシュでありながら、室内空間が広く確保された都市型SUVと呼ばれる車種が特に高い人気を集めているのです。

その都市型SUVで特に高い人気を博しているのが、トヨタ自動車が製造、販売しているハリアーと、日産自動車が製造、販売しているエクストレイルです。

自動車を購入する際に重要視される項目のひとつとして燃費が挙げられます。

都市型SUVの人気車種であるトヨタハリアーvS日産エクストレイルで燃費を比較しますと、ハリアーは2リッター自然吸気エンジンが14.8km/Lから16.0km/L、2リッターターボエンジンが12.8km/Lから13.0km/L、2.5リッターハイブリッドが21.4km/Lというカタログ数値になっています。

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

他方、エクストレイルの燃費は、2リッター自然吸気エンジンが15.6km/Lから16.4km/L、2リッターハイブリッドが20.0km/Lから20.8km/Lというカタログ数値となっています。

2リッターエンジンで比較した場合、エクストレイルにはターボエンジンの設定がないため、自然吸気エンジンだけで見てみますと、僅差でエクストレイルの燃費が良いということになります。

ハイブリッドの燃費を比較してみますと、これも僅差となりますがハリアーの燃費が良いということになります。

しかし、排気量を考慮した場合、エクストレイルが2リッターのハイブリッドであるのに対し、ハリアーは2.5リッターのハイブリッドとなるため、ハリアーは健闘していると言えます。

このように、都市型SUVの人気車種であるトヨタハリアーと日産エクストレイルの燃費を比較した場合、ガソリンエンジンであればエクストレイルが良いということになり、ハイブリッドであればハリアーが良いということになります。

パワートレインごとに燃費を比較し、購入の際には検討することが大切です。

 

内装の比較!トヨタハリアーvs日産エクストレイル

https://toyota.jp/harrier/?padid=ag341_from_harrier_navi_top

現代の自動車業界は、都市型SUVが全盛の時代となりました。

その都市型SUVというカテゴリーにおいて、特に人気が高い車種がトヨタ自動車が製造、販売しているハリアーと日産自動車が製造、販売しているエクストレイルです。

SUVといえば、流麗なフォルムと広い室内空間を兼ね備えた利便性の高い自動車です。

そのため、購入を検討している人にとっては、内装は重要な検討材料となるのです。

トヨタハリアーvS日産エクストレイルとして内装を比較した場合、ハリアーは先代から続くラグジュアリー路線となっていますので、高級感を優先させたデザインとなっています。

上級グレードになりますと、レザーメタルが使われ、よりエレガントな内装となります。

ハリアーの購入を検討している人の多くは、ハリアーに対して高級車というイメージを抱いていますので、高級感があってエレガントな内装は好評を博しているのです。

室内スペースも必要十分に確保されており、快適なドライビングを楽しむことができるようになっています。

 

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

日産エクストレイルの内装は、スポーティーかつ機能性が高いものとなっています。アウトドアを楽しむ人の為に作られたSUVですので、機能重視ということになります。

防水性に優れ、視認性が良いインパネデザインなど、細部に至るまで機能性を追求したデザインとなっているのです。

室内スペースは広く確保されており、大人が前席、後席にゆったりと乗車できるようになっています。

このように、ハリアーとエクストレイルは、同じ都市型SUVでありながらコンセプトが異なる自動車となります。

それぞれのキャラクター性を把握した上で内装を見ることが大切です。

高級感やエレガントさを求めるならハリアーになりますし、機能性を重視するならエクストレイルということになります。

どのようなシーンで乗る機会が多いのかによって、ハリアーを選ぶのか、エクストレイルを選ぶのかを決定するべきでしょう。

ハリアーが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは面倒…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!損!

 

スポンサードリンク